株価も業績も上昇! / 3064:MonotaRO

株価がコロナウイルスショックで2020/3月に2,243円まで落ち込んでいましたが、2018/10月に記録した最高値3,370円 を、2020/7/9には上場来最高値4,770円を付けて更新した絶好調のモノタロウ。今回はそんなモノタロウと私の付き合いを紹介したいと思います。付き合いと言っても自慢できるようなものではなく、はっきり言って失敗談を披露したいお思います。 

モノタロウは工場・工事用間接資材のネット通販がメインの会社です。同分野の米国大手グレインジャー(GWW)が49.9%の株式を保有している親会社になります。法人顧客と個人顧客両方ともに利用できます。 私も法人と個人のアカウントを利用していますが、ユーザーとしてとても満足している企業です。様々な資材や部品が安いです。またモノタロウならほとんど欲しいものが揃うと言っても良いくらいです。配送も早いので重宝しています。工場資材分野のアマゾンと言われるのも納得です。商売の目の付け所が素晴らしいと思います。今ならモノタロウのビジネスモデルは成功するだろうと考えられますが、モノタロウ以前には気が付かなかったのですから、本当に素晴らしいアイデアです。何年か前からTV CMも良く見るようになり、すっかりメジャー企業になりました。個人の顧客も増えているようですが、知り合いでも会員になってる人も多く、納得出来ます。 

最近で言うと、2015/9に1株→2株、2018/9に1株→2株と株式分割をしています。 

私とモノタロウの付き合いは2020/3/28に2,400円で100株購入する事によって始まりました。 

先見の明がありますね。今なら株価はほぼ2倍になってますね。8月時点で4,700円くらいありますから、そのままなら+2,300円×100株=   素晴らしいプラスですね。 

しかし、ごめんなさい。購入後の2週間後には売却してました。。。+6,000円くらいです。。。 

あの時の私はどういうつもりで購入したのでしょうね。ただ、その当時の私の中では、株と言うとデイトレードが普通なのかなと思っていました。なのでデイトレードとスイングトレードの間のようなトレードを繰り返していました。2週間保有して+6,000円ならOKだと考えていたのでしょう。先見の明がないですね。。。 

モノタロウのここ2年の売上高と営業利益は順調に伸びています。 2020 1Qが2020/1月~3月、2Qが2020/4月~6月でコロナウイルスショックの時期に入っていますが、それを感じさせないグラフです。 

ここ5年くらいの期間で見ても安定した伸びというか、売上高がずっと伸びてます。これは凄い。売上高の前年同期比も2019 4Qを除いて20%をクリアしています。 

それではモノタロウの競合他社との比較をして行きたいと思います。下のグラフは売上高の推移です。やはり有名な企業であるアクスル、ミスミの売上高は大きいですね。しかし、モノタロウの伸びが凄い。勢いが違いますね。(アクスルだけ6-5月決算、その他の3社は1-12月決算なので実際は集計期間が1月分だけずれています) 

次は営業利益のグラフです。ここであれっ?って思いませんでしたか?上の売上高のグラフと何か印象が違う。もう一回上のグラフと比較すると。。。 

そうなんです。売上高のグラフではアクスルがダントツ1番でモノタロウは4番目だなあと思っていましたが、下の営業利益のグラフを見るとほぼ2番。しかも2020 2Qではミスミを抜いて1位じゃないですか! 

売上高は4番目なのに営業利益はトップクラス。これがどういう事かと言うと、下のグラフが分かりやすいかと思います。売上高営業利益率です。売上高に占める営業利益の割合になります。営業利益は詳しく説明すると下記のようになります。 

営業利益 = 売上高 – 売上原価 – 販売管理費 

(販売管理費には事務所の家賃や、水道光熱費、通信費、広告宣伝費が含まれます。) 

モノタロウはダントツの営業利益率ですね。なので、売上高が低くても営業利益が高いのです。利益を稼ぐ力が強いという事になります。つまり効率が良いのですね。 

次のグラフはROEとROAです。細かい説明は下記になりますが、要はどのくらい効率良く稼いでいるかになります。 

ROE:自己資本利益率 株主が出資した資本を利用して純利益をどのくらい効率良く稼いだかを表します。投資した時のリターンの良さが分かります。高ければ高いほど良いです。 

ROA:総資本利益率 会社が持っている資産を利用して純利益をどのくらい効率よく稼いだかを表します。高ければ高いほど良いです。 

モノタロウはダントツですね。株主が投資した資本を効率良く使って利益を上げ、会社の資産を使って効率良く利益を上げています。ROEとROAというのは面白い指標です。 

こうして見ていると投資した大事なお金を使って効率良く利益を上げているモノタロウに、また投資したくなってきました。株価が上がりすぎて少し買いづらいですが。 

私は1年5か月前に今の半分の株価で買っているのに、2週間で手放しているんですよね。それが2020/8月時点では株価は約2倍になっています。。 

かつて付き合って2週間でふった彼女が、次に会った時には大女優に成長していたって感じでしょうか? 先見の明はあったのかなと思ってもなぐさめにもならないですね。。。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL