RPAって凄い!これからはRPAの時代が来る? / 3393:スターティア ホールディングス

RPAとは「Robotic Process Automation」の略です。パソコンの中で動くロボットのようなものです。ロボットというと、ソニーが作った二本足歩行ロボットのQRIOや、ファナックが作っている工場の溶接するロボットなどを連想しますよね。こうしたロボットがリアルな形を持っているハードウェアロボットとすると、RPAはパソコンの中で動くソフトウェアロボットなのです。オフィスでのやり方の決まった事務的な作業を人間の代わりに行います。それによるコスト削減、生産性向上、人間によるミスの削減、人材不足の解消などの利点があります。ちょっと古くなるかもしれませんが、RPAもいわゆるテーマ株になると思います。これからも色々と動きがあるかもしれません。注目ですね。 

今回は明確な失敗だとは思っていませんが、株をやっていると思い通りに事が運ぶって事はほとんどなくて(考えが浅いだけのかもしれませんが)、まあこんな事は多々あります。ですが、RPAの事をいろいろと知る事が出来たのでそういう意味では良い勉強になりました。

日本市場のRPA Robo-PatとWin Actor 

Win Actorがシェア1位で約35%、2位のUiPathが約30%。3位が富士通系で約10%。大手ビック3でほぼ75%を占めています。残りの25%の中で多くのメーカーが争っています。Robo-Patはこの残り25%の中に含まれています。実際の生活でRPAの必要性を感じて、いろいろ調べて次の2種類のRPAアプリケーションを試してみる事にしました。 

1) Win Actor 開発元 NTT Data 

2) Robo-Pat   開発元 FCE Process & Technology 

両方とも純日本製のRPAソフトですが、特徴は大きく違います。Win Actorは何でも出来るハイエンド機種。自動車の日本市場のシェアで言えばトヨタ自動車になるかと思います。一方、Robo-Patは機能はWin Actorよりも少ないですが、導入コストは約1/15とリーズナブルです。シェアで言えばマツダかスバルと言ったところでしょうか。 

実際に使用してみましたが、Win Actorはいろいろと凄いことが出来る総合型のハイエンドアプリケーションです。こんな事が出来かな?と思うことはたいてい出来ます。ただ少しとっつきにくい。IT系の経験がない、パソコン使い慣れていない人に、これでシステム作っといて、とは言えないですね。でも自分が本気でやりたいならWin Actorを選ぶかなとは思います。 

Robo-Patは逆にとっつきやすいです。かゆいところに手は届く!という感じではないですが、ある程度パソコンを使っている人であれば使えてしまうと思います。導入企業600社、導入ライセンス数は1100だそうなので、すぐ開発をやめてしまうというレベルではないでしょう。 

この2つのアプリケーションは正反対のコンセプトなので、どちらが良い、どちらが悪いという事はなく、使い方によって選ぶのが良いかなと感じました。  

株を買うならどっち? Win Actor? それともRobo-Pat? 

RPAのアプリケーションを2種類使用してみて、これは使える!と思いました。大企業だと既に自社製のシステムが出来ている場合が多いので、むしろ中小企業向けで可能性があると考えました。 

Win Actorを開発しているNTT Data(9613)は大企業という事もあり、RPAだけで稼いでいるわけではないのでRPAによる株価の変動は大きくは望めないでしょう。投資するならRobo-Patの方が伸びしろが大きいなと思います。ですが、Robo-Patの開発元であるFCE Process & Technologyは未上場なのです。。。惜しい、 惜しいなぁ 

そこで、私はWin ActorとRobo-Patの両方かつ、その他にも色々なRPAアプリケーションの代理店をしているスターティア レイズの親会社であるスターティア ホールディングス(3393)の株を購入する事にしました。その当時は2019 2Qまでしか決算を見れませんでしたが、2020 2Qまで見てもあまりぱっとしない決算ですね。 

結局のところ、下記の売買で約▲30,000円弱のマイナスとなってしまいました。 

3/27 577円×200株 購入 

5/17 553円×100株 購入 

8/28 482円×300株 売却 

Win Actorを開発しているNTT Dataはどうかというと 

こちらも微妙な感じです。 

あれ?もしかしてRPA株の波ってスターティア Hのチャートで見る2018/1月に終わってます!? 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL